« ヒメマルカツオブシムシの幼虫・脱皮のぬけがら・糞 | トップページ | シミ »

2009年10月20日 (火曜日)

弦の汚れ・錆び落とし

Dscf70682 毎年この時期に電話をくださり、
その都度、いろいろな作業を積み重ね・・
さぁ今日は・・・
益々魅力的な音になるように、、、Dscf70702_2
 主にメロディーを受け持つ音域の
伸びの悪い音の弦を磨いてみると
予想通り、明るく伸びる音になった。
それならば・・・
Dscf70712_2 心おきなく磨けるように
ダンパーもはずして
まずは中目
次に細目
Dscf70762_2 念を入れて最後にコンパウンドで磨く。
よしよし、ピカピカになったぞ!
今度は、ダンパーの取り付け。
ダンパーワイヤーの汚れもふき取りながら、
Dscf70772_2 一本一本取り付けて、
ダンパーの上がりも調整し、
アクションを入れて音を出したら・・・
やったね!いい音になったぞ。

|

« ヒメマルカツオブシムシの幼虫・脱皮のぬけがら・糞 | トップページ | シミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弦の汚れ・錆び落とし:

« ヒメマルカツオブシムシの幼虫・脱皮のぬけがら・糞 | トップページ | シミ »