« ねずみ害修理その7 | トップページ | T様ピアノ修理その2 »

2009年11月22日 (日曜日)

T様ピアノ修理その1

Dscf72952 預かり修理がもう一台。
まずは、バックの掃除から・・・
長年の埃が溜まっている場所です。
掃除機・ハケ・雑巾・コンプレッサーを使います。

Dscf72932 塗装面は、砂埃をコンプレッサーで吹き飛ばし、薄い洗剤をスプレーしながら汚れを浮かし、
雑巾で全体の汚れを拭き取ります。
意外とこの作業が重要になります。

Dscf72962今回は、修理内容は、
ネズミ害(マフラーフェルト・ブライドルテープ)
ハンマースティック(センターピン交換全部)と
外装磨きが主な作業になります。

Dscf72972 取り外す外装パーツは、 
右奥に見える、手作りの移動ラックに
掛けていきます。
まずは、上パネルをはずして・・・

Dscf72992

鍵盤蓋と下パネルなどをはずしたら、
弦とアクションの構造が見えてきます。
ここで一度コンプレッサーやハケなどを使って掃除しておきます。

|

« ねずみ害修理その7 | トップページ | T様ピアノ修理その2 »

コメント

広い工房で羨ましいです。

投稿: ーまー | 2009年11月22日 (日曜日) 18時35分

いつもドイツの楽器風景を楽しませていただきありがとうございます。
ーまーさんのように名器を修復するような機会はないのですが、がんばります。
広い代わりに冷暖房はまったく効きません。
もう寒~い・・・

投稿: 440 | 2009年11月24日 (火曜日) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: T様ピアノ修理その1:

« ねずみ害修理その7 | トップページ | T様ピアノ修理その2 »