« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月25日 (金曜日)

痛タタタ

Dscf7501 23日に近所のKさんちでおもちつき。
一昨年はこちら
やっぱりか・・・
きのうは痛くなかってんけどな~
 一昨年の痛タタはこちら

なんで一日置いてから痛くなるんやろか
ほんとは子どもでもそうなんやろか・・・

Dscf7497 たくさん子どもが集まると楽しそうにいたずらをする。
燻ぶるたき火を、なんとかして燃やそうと吹いたり掘り返したり。
休日の大人は、みんなやさしい目をしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火曜日)

あれ? 年賀状

Dscf7455 あれ? 同じ番号☆
なんでや???

やっと年賀状を書き始めた。

Dscf7452 妹のカラーコピー機で刷ってもらう都合を考え
郵便局で一枚4通分のはがきを予約購入。
リースコピー機は“一回通していくら”なので・・・
その代わりに自分でカットしなければならない。

Dscf7453 そうしてる間に気がついた。
つながった4枚ともおんなじ数字やん!
ミスかな~ そういうものかな~
一等って何枚当たるんだっけ?

って書きながら気がついた★ あっ そこが違うのか ・ ・ ・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土曜日)

軸装JIKUSOU 

Dscf7446 友達の友達とおともだちになった。
こんな仕事があるんやな~ 
木工職人児玉正和くんの友達の辻めぐみさんは、絵や書などを掛け軸にするお仕事をされている。きのう、そのお仕事場にお邪魔した。
日本人として、何気なく掛け軸を見る機会はあったけど、絵や書を和紙で裏打ちし、ああしたり、こうしたりして、そして掛け軸が出来上がると言うことを知ったのは初めて。
欧米化の影響か、絵は額に入れるもの(額装)と思っていたけど、掛け軸にしてあるのも ええ感じや~。
いろいろとお話を聞かせてもらって、また一枚のウロコが目から落ちた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火曜日)

定点観測「ミズナの畑」2

Dscf7444 お隣の天理教さんの畑。
苗の移植が終わっておよそ1カ月。
だいぶんフサフサになった。
今ならサラダで食べられるんやけどな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月曜日)

森正ピアノリサイタル 7

Dscf74262 明石海峡大橋を渡って淡路島のパーキングエリアで一休み。山や川で育ったので海が嬉しい。
今回で7回目。懲りずに呼んでくださる森さんの寛大さに感謝 m(__)m 前回はこちら

Dscf7432 絶景のよい天気。
ふと空を見上げると“X”の雲。
よいことの始まるエックスデー と見るか
それとも失敗か ・・・

Dscf7437 こんどは鳴門海峡大橋を渡る。
今回も四国でトクするか・・もうすぐ徳島っす☆
ETCの門をくぐると 『¥1000円です』 ヤスっ
自宅から徳島まで地続きで2時間。不思議。

Dscf7438 さぁ!調律!めっちゃヘビーなプログラム。
ステージマネージャの斎藤さんと相談して、
後半のリストに焦点をあてて仕事。
生でこの曲を聴くのは初めてだ!スゴっ

やはり 素晴らしいコンサートだった。 どないしてこのヘビーなプログラムを・・・ 到底人間業とは思われへん。

その夜は、高松の親友(屋島教会の牧師さ)んちへ足を延ばして、3時頃までしゃべってもまだ話し足りなくて・・・ 
~次の日は牧師さんの一番大事な日曜日(^-^; ~

 さて、朝、日曜日。 友は早々と教会へ。
奥さんの心づくしの朝食をいただき・・・
きょうはいっぺん友のお仕事の姿を見にいくか・・・と
礼拝の時間に教会へ・・・

Dscf7439

それが! なんと! 素晴らしい礼拝で、
友は、本物の牧師さんで、
日常における宗教の大事さをはっきりと認識させられることになったのでした。

Dscf7441

そして、素晴らしいパイプオルガンの音色。
礼拝での重要な役割を“パイプオルガン”が受け持っているのを実感。
来しなに見た雲は、エックスデー。
やっぱトクシマしたー! (こちらは香川でしたー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水曜日)

ダンパーフェルトの交換(学校の音楽室で)

Dscf7414 ありゃりゃ ダンパーフェルトがもげているぞ。
この症状は学校のピアノではよくあること。
子どもなら、つい触ってみたくなるのだろう・・・
弦も磨けば澄んで明るい音になるし よっしゃ

Dscf7418
Dscf7419
Dscf7420
Dscf7422
Dscf7423
Dscf7425 次高音のダンパーをはずし、もげたフェルトを剥がして、新しいのを貼り付け。
錆びた弦を磨いて、取り付け。
これで一安心。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月曜日)

T様ピアノ修理その5

Dscf7392 ハンマー整形。(ファイリングとも呼ぶ)
ハンマーは極薄のフェルトが層になって出来ているので、熟練するとヤスリでこするだけで、自ずときれいな形に整ってくる (^-^;

Dscf7395 アクションを取り付けたら、次は鍵盤の傾き・高さ・深さの調整。
Dscf7396 鍵盤ピンを磨いたり、パンチングクロスを交換したりしているのでバラバラ。

Dscf7405 鍵盤調整が済んで、
今度は外装パーツを磨いて取り付けます。
もうひと頑張り。
あとは、鍵盤蓋と上パネルと下パネル。

Dscf7408 平らなパネルは、高速回転のバフで磨くとピカピカに。
Dscf7410 パネル左右のパーツや譜面台など、
小さいパーツは、
ボール盤に取り付けたバフで磨きます。

Dscf7411 ☆出来た~ ☆
後は納品してから調律などの最後の仕上げだ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水曜日)

T様ピアノ修理その4

Dscf7379 ネズミの進入口がココ。
ペダルの踏みしろの穴からネズミが入ります。
通るついでにフェルトやクロスをかじります。
分解すると貼り替えやすいわ~

Dscf7380 ツブツブ錆びたペダルも磨きます。
ペダルがきれいになると、なんだか気分がいいですね。
なんと1時間も掛ってしまいました。トホホー

Dscf7381 底板を取り付けてピアノを起こしたら、
錆びた鍵盤ピンを磨きます。
Dscf7384 錆びたバランスピンは、
耐水ペーパーの800番で錆を落として、
さらに1200番で磨きます。

Dscf7386 それからコンパウンドをつけてネルの布で磨きます。
Dscf7387 パンチングを入れ直して、鍵盤も磨いたら、

Dscf7388 やっとここまで出来上がり。
あと一日はかかりそうだ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火曜日)

あれれ!?いい音になったやん

Dscf7378 地元市民センター音楽室のピアノ。
かなり詰まった伸びのない音が悩み。
今年は、弦の埃や汚れを丁寧に拭き取り、
調律。あれれ・・・調子いいぞ!
「今日の調律」 先日の仕事のなごりか上手になったような気が・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »