« 娘の料理!と今日の調律 | トップページ | 古典調律「ピタゴラス」 »

2011年3月 2日 (水曜日)

メッチャLovelyなピアノと今日の調律

Dscf00012 この腕木!なんて愛らしいスタイル☆
なんともいえぬ美しいカーブを描いている。

Dscf00072 よくぞやってくれました。
こんな工夫をやれた時代が懐かしい。
そんな時代のピアノ製作家に生まれたかった。ケド、きっとその頃ピアノに携わったような人は、特別な人だったろう・・・

Dscf00162 やっぱりその時代の良い音がするので、なんとか頑張って大好きな「シューベルトのアンプロンプチュ」のさわりを録画してUPしました

|

« 娘の料理!と今日の調律 | トップページ | 古典調律「ピタゴラス」 »

コメント

今の製作者にはなかなかチャレンジできないことがたくさんあるよね。 デザインにしろ設計にしろ…。
この頃の形のピアノはドイツでも最近見かけなくなりましたね。 メーカは私の住む近郊にありましたが、今は存在しないメーカとなってしまいました。残念なことですね。

投稿: ーまー | 2011年3月10日 (木曜日) 03時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メッチャLovelyなピアノと今日の調律:

« 娘の料理!と今日の調律 | トップページ | 古典調律「ピタゴラス」 »