« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月29日 (木曜日)

ダンパーアクションの鉛が飛び出して・・・

Dscf01272このグランドピアノは、長年どこか学校で活躍して、そして、今も地元の公民館で使われているのですが・・・
ほんとうに古い(53歳)ので、部品のあちこちに不具合が出やすい状態になっています。
今回、音が止まらない症状が多発、週末のコンサートでも使われるので調律に出かけました。

Dscf01152さてさて、その原因はと言うと、ダンパーアクションの鉛の腐食。
音を止めるのを補助するために鉛のおもりが使われているのですが、経年変化で腐食し膨れて、隣同士で引っかかり合っていたと言う訳です。
この度は、症状がひどいので分解修理。

Dscf01172飛び出した鉛をニッパーで切り取ります。
はじめは特にひどい部分だけにしようと思ったけど、なんだか・・・次々妖しいので、10本以上の分解となりました。
元に戻して、調律して、整音したら、、、
古いなりに、けっこういい音になったので、週末のコンサートでもまた元気に活躍しそうです。 がんばれ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビフォー&アフター 弦磨き

Dscf01052 湿度の多いところに置いてあるピアノの弦は、やはり錆やすいものですが、コンディションの良い場所に置いてあるピアノでも、弦は、意外と汚れているんです。
 ピアノ工場でも、錆を防ぐ為に油を塗ることがあって、かえって悪影響が出てきます。

Dscf01062 少々の錆よりも心配な・・・
べっとり油を塗った弦には、埃(ホコリ)が付きやすく、音の伸びを抑えてしまいます。
←そんな弦を布で拭くと、このくらいの埃が油と共に付着します。

Dscf01102 これを拭きとるだけでもすっきりした音になるけれど、金属磨きを使ってピカピカに磨くと、さらにすっきりした音になります。

ビューンと伸びるいい音になると、いっぱい弾いてもらえるようになります。

岡本ピアノ工房 http://okamotopiano.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日曜日)

体験農業 “稲刈り”

Dscf00672秋晴れの良い天気。

近所の田んぼでは、今稲刈りの真っ最中です。
Kさん夫婦は働き者。朝から機械の音がしていました。

夕方になると 日差しも和らいだので、ちょっとお手伝い。

Dscf00712ちょっと前(50年くらい?)までは、
鎌で刈り取ってたばにして、稲木に掛けて何日も、乾燥したら脱穀し、集めた籾(モミ)を藁で編んだ入れ物に・・・
この長い工程を、コンバインだと一気です。

今日の体験農業はカメラを構えての見学となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金曜日)

ビフォー&アフター 鍵盤の下は・・・

Dscf00452久しぶりの調律に伺うと・・・
いろいろとするべき作業が満載です。

まずはアクションをはずして、、、
鍵盤の下には積年の埃がたっぷり。
シールやカードや硬貨があるのは子どものしわざかな・・・
鍵盤の隙間に物を入れてみたくなる気持ちもよく解ります。

Dscf00462掃除機とハケでホコリを吸い取り、
バランスピンとフロントピンの汚れを金属磨きでつるつるにします。
弦も磨いて、鍵盤を入れ直したら、

これですっきり☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月曜日)

そろそろ秋♪ きのこ色々

Dscf01612腰がだいぶん治りましたよ~
ありがとねm(__)m
今日のお墓参りの帰り道、
いろんなきのこを発見。
これは直径13センチくらい。
もしかしたら食べられそうな気配。

Dscf01662これは・・・
この色は・・・

どう見ても毒キノコやろな~

(意外とおいしかったりして・・・)

Dscf01712あれれ?
種から発芽した双葉の様な・・・
よく見ると、
あっ、脚も二本。
どれかのタイミングでくっついてしまったのだろうか・・・

Dscf01732これは、小さいけれど白くかわいいきのこ。

こどもの絵本に出てきそうでほのぼのとしている。
(意外と毒キノコやったりして・・・)

松茸はなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月曜日)

ゴキゲンな一日

昨日は、ホントにゴキゲンな一日だった。

朝は:村の草刈りと溝掃除⇒なぜか今回楽勝。

昼前:滝野図書館2Fで開催されていた『書人 榎倉香邨展~その心と風景~』を見に・・・
前々からこの人のかな書が大好きで本や雑誌を眺めていたのだけれど、
本物はやっぱりいいわ~。

午後:子どもが習っているお箏の竹内さおり先生が出演の『作曲家集団たにしの会第31回作品発表会』を聴きに、兵庫県立芸術文化センターへ・・・
竹内先生の演奏は一番目。大菅道信作曲「箏のためのバラード」。緊張感のある曲と演奏を聴いて大満足。⇒次々と興味深い曲とすばらしい演奏が繰り広げられた。

そして 帰り際!
ホールの玄関で、30年来大ファンである作曲家「中西覚」さんが立っておられたので、唐突ながら、『先生のファンなんです。』と挨拶したところ、名刺までもらって大感激☆
リコーダーの名曲“組曲村の休日”をはじめ、小さな練習曲集の中でさえ、彼の名前『中西覚』は神々しく(うわっ!これがコウゴウシクの漢字か・・正に・・・)輝いていたのでした。
どないかしてこの人に会いたいものだと長年思い続けていたのです。

こんな日は、特に気をつけて運転して、、、
無事家に着いたという訳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土曜日)

そろそろ秋♪ きのこ

Dscf01502腰痛が治りますように m(_ _)m
祖父母のお墓参りの帰り道、白い大きなキノコ!
発見! BACK
こんなに大きなきのこを初めて見ました。

Dscf01532あんまりめずらしいので、
そのままそっとしておきます。

美味しいとしたら・・・
すごいボリュームやけどな~
(傘の直径=23㎝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金曜日)

台風被害

Dscf01432 先日の台風災害に遭われた方へ、心からお見舞い申し上げます。
今日は、床上浸水に遭われたお客様宅へピアノを見に行きました。
幸いペダルまでだったので大丈夫☆

←(写真は母校の西脇中学校 増水した水が土手の道まであと少しのところまで迫っていたのがわかる)

 水害に遭ったピアノで速やかな判断をしなければならないのは、市が災害ゴミ収集をしてくれる間に処分するかどうか・・・
 私は『鍵盤より上まで水につかった場合は残念ながら処分』と考えています。
 7年前の台風23号の際には、たくさんのピアノがゴミ集積所に山積みになりましたが、鍵盤より下まで浸かったピアノで、また良い音を奏でている例がたくさんあるのです。

 ただ、床上浸水の場合、当分はピアノどころではありません。ドロ掃除・床・畳・建具・家具・電気関係・エアコン・電化製品など、長い長い復旧作業が続くので、くれぐれもお体には十二分にお気をつけください。

ピアノでお困りの際は、お気軽にお尋ねください。少しでもお役に立てたらと思っています。
http://okamotopiano.jp
岡本ピアノ工房 岡本芳雄 090-8984-3434(携帯)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »