« 体験農業 “稲刈り” | トップページ | ダンパーアクションの鉛が飛び出して・・・ »

2011年9月29日 (木曜日)

ビフォー&アフター 弦磨き

Dscf01052 湿度の多いところに置いてあるピアノの弦は、やはり錆やすいものですが、コンディションの良い場所に置いてあるピアノでも、弦は、意外と汚れているんです。
 ピアノ工場でも、錆を防ぐ為に油を塗ることがあって、かえって悪影響が出てきます。

Dscf01062 少々の錆よりも心配な・・・
べっとり油を塗った弦には、埃(ホコリ)が付きやすく、音の伸びを抑えてしまいます。
←そんな弦を布で拭くと、このくらいの埃が油と共に付着します。

Dscf01102 これを拭きとるだけでもすっきりした音になるけれど、金属磨きを使ってピカピカに磨くと、さらにすっきりした音になります。

ビューンと伸びるいい音になると、いっぱい弾いてもらえるようになります。

岡本ピアノ工房 http://okamotopiano.jp

|

« 体験農業 “稲刈り” | トップページ | ダンパーアクションの鉛が飛び出して・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114855/52859137

この記事へのトラックバック一覧です: ビフォー&アフター 弦磨き:

« 体験農業 “稲刈り” | トップページ | ダンパーアクションの鉛が飛び出して・・・ »