« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水曜日)

あれれ☆どうなっちゃてんのこの鍵盤

Dscf08442ドレミ ドレミ ドレミ

そんなはずないやろ!

エヘヘ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火曜日)

調律の実験コンサート

Dscf08092例のBach/EmileJobinの調律法
ピアノで試してみたかった。
ちょこっと家のピアノでやった時は、
「うわっ こりゃ・・・」 かなり強い個性の響きに思えたものだ。

発案からおよそ一年。
♪北美登利さんのみごとなコーディネートで、先日、念願の実験コンサートが開催され記録された。
♪心に響く演奏は坪内久美子さん。
♪深い哲学をもった録音は山下芳男さん。

コンサート前には、”白鍵の濁った五度” や ”黒鍵の唸りの多い三度” は、「ピアノではきついやろな~」 と心配していたが、始まると、お客様は心地よく純粋な鑑賞をされていて・・・
「お~ぃ 調律の実験やで・・ 忘れてるやろっ☆」 って思うほど。

バッハ ・ シューベルト ・ ショパン ・ ドビュッシー 。
白鍵中心の曲も、黒鍵中心の曲も、いずれも心地よく心に響いてくる。
『演奏がうまいからやろ』との声も聴こえてくるが、いや、それだけではない。
想定以上の発見と、友達がふえてうれしいうれしい今日この頃。

もしお聴きになりたい方がいらっしゃいましたら、山下さんに複製を頼めるかもしれないので、ご一報ください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月曜日)

クイズ:これは何の模様でしょう?

Dscf07992白と黒。

ピアノ調律をしていた時の景色です。

もちろん一生懸命仕事をしていたのですが、

Dscf07952お日様が陰るとこうなります。

と言う事は・・・
黒は、?
白は、?
さて何でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日曜日)

バッハの印章

Bachsealrep2_2去年の今ごろ、親友の池末隆くんから「バッハの印章の王冠が調律法を表しているのではないかと言われていること」を教えてもらって、いろいろ調べたり自分なりに考察していました。
印章というのは、封筒を封じた後にロウを垂らして型を押すもの。英語ではSealとなっています。→Wikipedia
バッハが自分でデザインしたと言う「印章」を、模写しました。
‘王冠の丸い7つの真珠?が完全五度を表して’いて、
‘押しつぶされたような5つの楕円は、狭い濁らせた五度を表して’いる というものです。
王冠の下の模様には、バッハのイニシャルが使われていて、ほんとに楽しいデザインとなっています。
真珠とイニシャルが目立つように描きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »