« 感謝☆ ~Bachの調律法~ そして研究会 | トップページ | セミくん成人式 »

2012年6月29日 (金曜日)

ミーントーン調律からバッハへ

4schni20120628きのうは丸一日、鍵盤楽器の300年ほど前の調律法を考察していました。

ミーントーン(オルガン)からバッハに至る「調律法の流れ」のパラパラ動画をつくったので、近くUP予定です。

Schnitgerのパイプオルガン調律法Jobin氏解読のBach調律法の間に、きっと こんな調律法が施工されていたに違いない と考えていたので、それも挟み込みました。(図)
今でもきっと、ヨーロッパのどこかのパイプオルガンで使われているのではないかと想像しています。

だいぶん慣れたけど、この画 描くのに半日。 ヒマだと ゆっくり好きな事が出来て嬉しいものの・・・
ちょっと心配になってくる今日この頃です。

http://pianotuning.jp
http://okamotopiano.jp

|

« 感謝☆ ~Bachの調律法~ そして研究会 | トップページ | セミくん成人式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミーントーン調律からバッハへ:

« 感謝☆ ~Bachの調律法~ そして研究会 | トップページ | セミくん成人式 »