« 白鍵小口仕上げと納品 | トップページ | ピアノ脚修理完了。 »

2014年7月 7日 (月曜日)

「ゴールデン・シニア・トリオ」

Dscf41752調律しやすい、いい音のSTEINWAYセミコン(C型)。エクセラーンホテル大阪のスタッフの、細やかで暖かな気遣いも嬉しい。
大塚さんも、心地よさそうに演奏!
熟達した深いサウンドが心に染みる。

Dscf41792関西ジャズ界の重鎮 ゴールデン・シニア・トリオは、喜寿&傘寿&米寿3人合わせて245歳 !!
昨日はリボンの騎士ナイト2014に出演され、調律を担当させてもらった。

Dscf41862先生に立たされてるみたいに見えるのは、「最高齢バンドギネス認定」予定の三人組。
申請手続きの為の承認式のリハーサルの様子。この日の演奏が資料と共にギネス協会へ送られるそうです。

素晴らしいサウンドと、チャレンジ精神旺盛のゴールデンシニアトリオは、楽屋の雰囲気もとっても素適。心で集まるたくさんの仲間達。
その隅っこで一緒に時間を過ごせて、嬉しい一日でした。

今回の調律法は平均律。
整然と揃った心地良い唸りが都会的で、ジャズにピッタリなんです。
http://okamotopiano.jp 岡本ピアノ工房
http://pianotuning.jp 古典調律考察

|

« 白鍵小口仕上げと納品 | トップページ | ピアノ脚修理完了。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴールデン・シニア・トリオ」:

« 白鍵小口仕上げと納品 | トップページ | ピアノ脚修理完了。 »