« グランドピアノの脚 修理 | トップページ | 「ゴールデン・シニア・トリオ」 »

2014年7月 5日 (土曜日)

白鍵小口仕上げと納品

Dscf40942小口貼り替えが完了したら、白鍵の上面をきれいにします。
いっぱいついている細かなキズもとれて、ツヤツヤになります。

さぁ納品!

Dscf41552ピアノに入れる前に、鍵盤の下の、棚板の埃などを掃除します。


Dscf41582それから、ガイドピンを磨きます。
ここは音にもタッチにも、とても重要な作業です。


Dscf41592
根元と、上の端1cmくらいのところが特につるつるピカピカになるように、丁寧に磨きます。
さらに、コンパウンドの汚れもきちんと拭き取ったら、

Dscf41702
鍵盤を入れて、完了!

レッスンを始めたばかりのリトルピアニストが、きっと喜んで、いっぱい弾いてくれると思います。

http://okamotopiano.jp 岡本ピアノ工房
http://pianotuning.jp 古典調律考察

|

« グランドピアノの脚 修理 | トップページ | 「ゴールデン・シニア・トリオ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鍵小口仕上げと納品:

« グランドピアノの脚 修理 | トップページ | 「ゴールデン・シニア・トリオ」 »