« Diamond Princess また会う日まで。 | トップページ | 栗のイガ このくらいになりました »

2015年6月30日 (火曜日)

調律比較 現代ピアノへの古典調律と平均律

K長年お世話になっているKさん宅で、昨年6月&今年6月の調律の祭に試弾していただいたものをYOUTUBEにUpしました。

曲目はシューベルト/冬の旅No.21「DasWirthshaus」で、調律法の違う2つを並べています。

前半は昨年、音律はBach'sSeal1.0。
後半は今年、音律はEqual(平均律)。

Fdurで書かれたこの曲は、[Bach’sSeal1.0]では、穏やかなF 納まるC 平均律に似た元気なB♭、それぞれのコードの響きやメロディー音程が良い具合にマッチしています。[平均律]では、全体にふわっとしたビブラート感があり、その特長が良くあらわれているように思います。

http://pianotuning.jp 現代ピアノへの古典調律法のこころみ
http://okamotopiano.jp 岡本ピアノ工房

|

« Diamond Princess また会う日まで。 | トップページ | 栗のイガ このくらいになりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 調律比較 現代ピアノへの古典調律と平均律:

« Diamond Princess また会う日まで。 | トップページ | 栗のイガ このくらいになりました »