2015年8月24日 (月曜日)

バッハの残した調律法 その2

Photoバッハが描いて残したとされる調律法が2つあります。

1つの調律法は、前回にも書いた「平均律クラビーア曲集の手書きのタイトルページ」に表された調律法。

もう1つは、「バッハが使っていたハンコのデザイン」が示しているとされる調律法です。

ピアニストの坪内久美子さん宅のピアノは、もうだいぶん長い間、これを現代ピアノにアレンジした方法で施工させてもらっています。

今回YOUTUBEにUpしたのは、古典調律法「Bach/WTCforPiano」で、
♪ラフマニノフ編曲クライスラー/愛の悲しみ と
♪ラフマニノフ編曲クライスラー/愛の喜び

演奏がとても素晴らしいです。ぜひお聴きください。

現代ピアノへの古典調律法のこころみ http://pianotuning.jp
岡本ピアノ工房 http://okamotopiano.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月24日 (金曜日)

バッハの残した調律法

Dscf90442いろいろなドレミの音程があります。それぞれが高かったり低かったりするために、音楽がもっと豊かになります。
バッハが図で書き残したとされる2つの調律法のうち、平均律クラビーア曲集第一巻のタイトルページに描かれている調律法をやってみました。今回は現代ピアノ用に少々アレンジしたもの

いつもの研究チームは北美登利さん、坪内久美子さん、山下芳男さんと、岡本芳雄。

ピアノの背面にちょこんと置いたZOOM Q3で録った音をYOUTUBEにUpしたので、ぜひお聴きください。

演奏は坪内久美子さん。調律法は『Bach’sSeal1.6』で、

Bach/平均律クラビーア曲集第一巻より 1番プレリュード Cdur
Bach/平均律クラビーア曲集第一巻より 8番プレリュード Es moll(♭が6つ)

ラフマニノフ編曲クライスラー/愛の喜び Cdur
ラフマニノフ編曲クライスラー/愛の悲しみ Amoll

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月30日 (火曜日)

調律比較 現代ピアノへの古典調律と平均律

K長年お世話になっているKさん宅で、昨年6月&今年6月の調律の祭に試弾していただいたものをYOUTUBEにUpしました。

曲目はシューベルト/冬の旅No.21「DasWirthshaus」で、調律法の違う2つを並べています。

前半は昨年、音律はBach'sSeal1.0。
後半は今年、音律はEqual(平均律)。

Fdurで書かれたこの曲は、[Bach’sSeal1.0]では、穏やかなF 納まるC 平均律に似た元気なB♭、それぞれのコードの響きやメロディー音程が良い具合にマッチしています。[平均律]では、全体にふわっとしたビブラート感があり、その特長が良くあらわれているように思います。

http://pianotuning.jp 現代ピアノへの古典調律法のこころみ
http://okamotopiano.jp 岡本ピアノ工房

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 3日 (金曜日)

4人の古典調律の研究チーム

Dscf78862いつもとっても楽しみな一日。きのうは、古典調律法での録音会。

長年、北美登里さんを中心に、録音の山下芳男さん、ピアニストの坪内久美子さんと一緒に取り組んでいる試みがあります。
“古典調律法でいろいろな曲を録音&CD化”
これらのCDは僕の宝物。超ヘビーローテーションで聴いているほどLovlyな仕上がりになります。
昨日は、ラフマニノフ編曲のクライスラー/愛の喜びその他を弾いてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土曜日)

古典調律法によるオリジナルCD ついに販売

Cd3今回取り上げた調律法は、Bach'sSeal1.6。この調律法は、「ミーントーン音律」と、「ピタゴラス音律」が共に仕組まれ、各調によって多様な和音の響きやメロディー音程を持っている。

バッハ/平均律クラービア曲集第1巻より

第1番プレリュード  BWV846  C-dur (1)
第8番プレリュード  BWV853  Es-moll(2)
リスト編曲バッハ/前奏曲とフーガBWV543  A-moll(3)
ドビュッシー/月の光(ベルガマスク組曲より)  Des-dur(4)
シューベルト/さすらい人幻想曲  C-dur(5)
リスト編曲シューベルト/アヴェマリア  B-dur(6)

このCD、試聴版をおよそ半年、もう300回以上は聴いていると思うけれど、ピアニスト坪内さんの「隅々まで気持ちのゆき届いた演奏」は、気の張らない心地よい緊張感を持っていて、益々魅了され続けている。

山下さんが丹精こめて一つ一つ作ってくれたこのCDは、市販のものからは聴くことのできない魅力的な音を聴いていただくことができると思う。

演奏:坪内久美子
調律:Bach'sSeal1.6岡本芳雄
録音&CD製作:山下芳男
企画:北美登利

整っていて都会的で、ピアニストの自由な表現を妨げない「平均律」の美しさもいいけれど、祈りの響きや、澄んだ音、汚い音、ちょっとずっこけた?音律までもが楽しい「古典調律法によるピアノの響き」もぜひお傍に置いてほしい。

この度、長年考察をつづけて来た一つの成果として「手作りのCD」を販売することになった。チームの要となって、全体の企画を進めてくれた北さんに深く感謝している。
¥2000(送料込み) ぜひ応援をお願いいたします。

調律法参照: http://pianotuning.jp/?page_id=215315
岡本ピアノ工房: http://okamotopiano.jp/
メールでのお問い合わせは、:okamotopiano@nifty.com へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月曜日)

感じる古典調律法 研究会

201309015

友人の計らいで、9/7に『感じる古典調律法』の研究会に講師として呼んで頂きました。
講師のお仕事はこれで3回目。
目下プロジェクター用の資料を作成中です。

そもそも『音』は耳で感じるものですが・・・

長年取り組んできた「自己流古典調律法」をわかりやすく人に伝えたいと2006年に出来た「音律を表す図」が、『音』や『音律の考察』に生かされて、面白いことがいっぱいあふれてきたその成果の発表です。

『音』そのものや『古典調律法のニュアンスのパレット』が、多くの人に認識されたら、きっと「聴きたい響き」の演奏会や録音物が増えてくると思うんです。
それは、クラッシックの作曲家が想定したであろう響きです。

メッチャいい音になる調律、http://okamotopiano.jp もぜひご覧ください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金曜日)

鍵盤楽器の調律法と歴史

20121228‎[鍵盤楽器の調律法と歴史]を更新しました。
左上には、音律の源である倍音構成。
その下に、神様のいたずら(?)のピタゴラスコンマとシントニックコンマ。
その横には、純正律の図。
上段の図は、「ピタゴラスコンマを振り分ける」のコンセプトの、「平均律」「ヴァロッティ」「ヤング」
下段の図は、「シントニックコンマを振り分ける」のコンセプト。パイプオルガンの調律法「ミーントーン」のウルフをだんだんと緩和していった様子を見ていただけると思います。そして「現代ピアノに合った古典調律法」へ。
中段の図は、有名な「ベルクマイスターⅢ」や「キルンベルガーⅢ」で、上段と下段の両方を兼ね合わせたタイプの調律法と考えられます。
空いた右側に私の昔の研究成果である、「VeryWell」2.0と1.0を並べています。「バッハの印章からの古典調律法の現代版」を構成するアイデアの元にもなったYoshioオリジナルです。
年表定規の下側は、主な作曲家や音楽史などを並べています。
様々な時代の音楽は、その前の時代の音楽あってのものだということが感じられ、面白いです。
現代の世界標準ピッチは、A=440Hzですが、時代や地方によって高かったり低かったりしているのも興味深いところです。
http://pianotuning.jp/?page_id=585
詳しくは、http://pianotuning.jp/ からご覧いただけるとたいへん嬉しいです。
尚、間違いや不自然を見つけられた方は、ぜひご一報ください。宜しくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金曜日)

ミーントーン調律からバッハへ

4schni20120628きのうは丸一日、鍵盤楽器の300年ほど前の調律法を考察していました。

ミーントーン(オルガン)からバッハに至る「調律法の流れ」のパラパラ動画をつくったので、近くUP予定です。

Schnitgerのパイプオルガン調律法Jobin氏解読のBach調律法の間に、きっと こんな調律法が施工されていたに違いない と考えていたので、それも挟み込みました。(図)
今でもきっと、ヨーロッパのどこかのパイプオルガンで使われているのではないかと想像しています。

だいぶん慣れたけど、この画 描くのに半日。 ヒマだと ゆっくり好きな事が出来て嬉しいものの・・・
ちょっと心配になってくる今日この頃です。

http://pianotuning.jp
http://okamotopiano.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金曜日)

感謝☆ ~Bachの調律法~ そして研究会

現代ピアノでの古典調律法を探る。近況報告。

今年、北美登利さんの企画で実現した実験コンサート1/27日の第一回目では、現代のピアノでの純正長三度・広い長三度のあり方やその響き、そして弾き方との関わりが明らかになってきて、たいへん実りの大きいものとなった。

春、かねてから池末隆氏提案のバッハの印章から解読?の調律法を 再度北さんちで実験させてもらったのが4/12日。かなり現代ピアノにも相性がいいことを確認。

その後、安田昌弘先輩・加藤正人氏 が 十二音相環図の研究会を発案してくれたのを受け、現代ピアノ用に修正を加えたBachの調律法?で、北さんコーディネイト&坪内久美子さん演奏&山下芳男さんに録音してもらったCDをもって、東京八王子のユーロピアノへ。

6/9日、30名余りの国立音楽大学ピアノ調律科卒業のピアノ調律師が集まり、研究会が開催された。
「仲間がこんなにたくさんいる」 ことに、改めて感謝 m(__)m
自然倍音・ピタゴラス音律・純正律・ミーントーンなどなど、根源となる調律法を、超一流専門家集団により実験&検証。
新たな発見も含め、『現代ピアノへの古典調律法のこころみ』 が確かなものへとなっていった事を実感。

6/8日研究会前日、池末隆氏との真夜中の話も、音律の 極めて興味深い内容へと突入。おっさん同志の青春再現。

6/10日、この研究の核ともなる 『祈りの響き』を教えてもらった 我が師、上杉紅童先生に報告。
『よかったね。』と言ってもらって 涙。

そのあともミラクル!
東京らしからぬ がら空きの電車で、昔 お世話になっていた 老舗 斎藤ピアノ調律所の斎藤孝さんに、偶然出会えて、握手。 もう30年近くなる。かつての無礼を詫び 、そして 心よく話をしてもらえて、長年の心のつかえが解消。
『また遊びにおいで』 と言ってもらえて ほんとうによかった。
山手線で 昔住んでた恵比寿を通る時、ご挨拶に行かなきゃ・・・ と心底思っていたところだった。

そのほかにも、たくさんの 友人・先輩・後輩・親戚にお世話になり、心の繋がりを強く感じた東京の3日間。

感謝を忘れず 精進したい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火曜日)

調律の実験コンサート

Dscf08092例のBach/EmileJobinの調律法
ピアノで試してみたかった。
ちょこっと家のピアノでやった時は、
「うわっ こりゃ・・・」 かなり強い個性の響きに思えたものだ。

発案からおよそ一年。
♪北美登利さんのみごとなコーディネートで、先日、念願の実験コンサートが開催され記録された。
♪心に響く演奏は坪内久美子さん。
♪深い哲学をもった録音は山下芳男さん。

コンサート前には、”白鍵の濁った五度” や ”黒鍵の唸りの多い三度” は、「ピアノではきついやろな~」 と心配していたが、始まると、お客様は心地よく純粋な鑑賞をされていて・・・
「お~ぃ 調律の実験やで・・ 忘れてるやろっ☆」 って思うほど。

バッハ ・ シューベルト ・ ショパン ・ ドビュッシー 。
白鍵中心の曲も、黒鍵中心の曲も、いずれも心地よく心に響いてくる。
『演奏がうまいからやろ』との声も聴こえてくるが、いや、それだけではない。
想定以上の発見と、友達がふえてうれしいうれしい今日この頃。

もしお聴きになりたい方がいらっしゃいましたら、山下さんに複製を頼めるかもしれないので、ご一報ください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)