2016年3月 5日 (土曜日)

もうすぐ60歳 一度も入院せずに現役でがんばっています

Nog31_2Nog32_2時々鳴らない音があったりして、緊急出動したこともあったけど、どんどんいい感じの響きになってきました。
もう30年近く診させてもらっているので主治医の気分。
新学制ってなんだっけ?

と、Facebookで上記の記事を投稿したところ、舟橋透さんから貴重な情報をいただきました。
以下は私自身の覚え書きも兼ねての転載です。

舟橋: 『新学制十周年記念』は、じーんとくるものがあります。敗戦直後の1947年、民主主義国家にふさわしい学校制度に改められて、それから十周年を迎えたという、とても重い言葉が刻まれている、このピアノは、これからも末永く演奏可能な状態で大切に守っていく価値があるのではないかと思います。今、学校教育の右傾化が進んでいる流れの中で、そのうちに、ひょっとすると、オーバーホールを装って、この文字を消す様にという要請があるかもしれませんが、是非とも、抵抗してくださいね。

岡本: うわ~ 舟橋さん、了解です。
知らないでいたら、僕自身が綺麗に消しちゃうところでした。(^_^;
改めて見ると、とてもあたたかく丁寧な、それでもって力のあるいい字ですね!

舟橋: そうなんです。私も、写真の字を見て、それを感じて、それで、わざわざコメント投稿しようという気持ちになったのでした。戦争が終わり、平和な民主主義の世の中になって、その基盤となる学校の制度が改められて、それが定着してきた十周年になるんだという感慨が、声高に主張するのではなく、本当に、さりげなく字から滲み出している様な感じがしました。そして、その記念の品物が、楽器、しかも、ピアノだなんて、素晴らしいですね!

岡本: 教育の歴史の中で、とても重要な時期の、宝物のようなプレゼントなんですね!このピアノにスポットを当てて、少し掘り起こしたいと思います。またお力をお貸しください。ほんとうに貴重な情報をありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月29日 (水曜日)

シロスギ城に見えた訳がちょっとわかった(姫路城)

Dscf81884/28日
(平日)

大手門前の駐車場に9時前到着。早い時間だったからか、ゆっくり見学できました。

子どもの頃から度々訪れている姫路城。
遠くから見ると、やけに白くなって、違和感があったけれど、なるほど、真っ白な新しい漆喰がとても愛らしく綺麗に塗られていました。

入場料:大人¥1000 小~高校生まで¥300 9:00am~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日曜日)

ピアニスト領家幸さんに敬意を込めて

ドイツフライブルグを本拠地にご活躍されていた 領家 幸(りょうけ こう)さんが亡くなられた とのご連絡をいただきました。

「もう一つのピアノ」として、古い時代のピアノ調整法と演奏法を再構築され、現代の私たちにその魅力を知らせてくださいました。
彼女のブログは、当ブログからもリンクさせていただき、私も、その歯に衣着せぬ語り口から、たくさんのことを学ばせていただきました。

さらなるご活躍を楽しみにしていたので、残念な気持ちでいっぱいですが、心から哀悼の意を表し、感謝を込めて、ここに紹介させていただきます。

武士道をも思わせる彼女の取り組みは、本当に素晴らしかった。
彼女の瞳は、とても澄んでいて、清々しかった。
これ以上ないと思える素晴らしい演奏を、私に聴かせてくれた。

Ko Ryoke 「もう一つのピアノ」WebSiteより演奏
http://www.das-andere-klavier.de/ja/hoerbeispiele.html

以下は、「担当のお医者様が領家さんが信頼されている公認会計士の奥田さんに宛てられたメール」を転送してくださったものです。

Dear Mr Okuda,

On Saturday, 25 May 2013 at about 11:30am local time, our dear friend Ko Ryoke has passed away.

Ko's last days were peaceful and quiet. She was very well taken care of in the Medical Center of Freiburg University, and a small group of close friends stayed with her day and night. Her mind was clear to the last minute, but the body was finally too weak and fragile to survive.

If you have the opportunity to do so, please support us informing all her friends and relatives in Japan of her death.

Sincerely,
Stefan Rotter

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木曜日)

ピアノおさらい会

2月10日(日曜日)今週の日曜日、2:00pm~
当社細々と続いている音楽教室のおさらい会を行います。
よかったら聴きに来てください。無料
(コーヒーやケーキは各自ご注文ください)

20130210♪開演の合図:
  ピタゴラスイッチのテーマ(岡本芳雄)
♪アイスブレイク:
  おんがくであそぼ(高岡容子先生)
♪ミニコンサート:子どもたちの演奏
♪ティータイム:ケーキと飲み物
♪レクチャー:
  音ってなんだ&調律にチャレンジ
♪ミニコンサート:智真先生の演奏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水曜日)

たんぽぽ きいろい 春の海 ☆☆

Tanpopotaitle35年前の誕生日のプレゼント。

吉田稔美さんの限定一冊の絵本。

Facebook でアップロードしました。

ぜひご覧ください。

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.265514086876249.61761.100002529780775&type=3&l=f9bde162f2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土曜日)

竹内さおりKOTOコンサート

Img0142 5月23日まであと8日。いよいよ来週の日曜日。

西脇市在住の箏演奏家-竹内さおりさんの演奏会が開かれる。
箏の現代(今)の曲が聴けるコンサートだ。ゲストで尺八のジョン・海山・ネプチューンも近くで生で聴けるし、賛助出演の立道明美さんもユニークで素晴らしい箏の演奏家。

どんなセッションになるかな~ 楽しみだー!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火曜日)

竹内さおり先生神戸新聞に載る

Img0124 ちょっと鼻が高いぞ。
子どもが習っているお箏の先生が神戸新聞に載っている!
うちの一番下の子は、今小学一年生。
習い始めてから1年半ほど。時々出番も作ってもらって、楽しそうに厳しいレッスンを受けている。
二人の子どものお母さんでもあり、近所のお箏の先生でもあり、プレイヤーでもある竹内さん。
邦楽の流派を超えた最高レベルの賢順記念全国箏曲祭のコンクールでみごと3位。
5/23(日)には、ジョン・海山・ネプチューンを招いてのリサイタルも楽しみだ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土曜日)

軸装JIKUSOU 

Dscf7446 友達の友達とおともだちになった。
こんな仕事があるんやな~ 
木工職人児玉正和くんの友達の辻めぐみさんは、絵や書などを掛け軸にするお仕事をされている。きのう、そのお仕事場にお邪魔した。
日本人として、何気なく掛け軸を見る機会はあったけど、絵や書を和紙で裏打ちし、ああしたり、こうしたりして、そして掛け軸が出来上がると言うことを知ったのは初めて。
欧米化の影響か、絵は額に入れるもの(額装)と思っていたけど、掛け軸にしてあるのも ええ感じや~。
いろいろとお話を聞かせてもらって、また一枚のウロコが目から落ちた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火曜日)

ハロウィーンコンサート2009-10-30

Img001 今週の金曜日に、
とても楽しみなコンサートがある。

うはらホール
(東灘区民センター)
18:30開演(18:00開場)
大人¥2000 子ども¥1000

楽器にまつわる楽しいお話とアンサンブル!

Img002 出演は、
ピアノ:岩佐えり子
ヴァイオリン:清水玲子
チェロ:野村朋亨

岩佐さんは、調律のお客様。ご自宅のsteinwayBを年に数回調律させてもらっていて、このコンサートのプロデューサー。
清水さんは、実は僕が二十歳代の頃ファンだった演奏家。久しぶりのライブで楽しみ!
野村さんの演奏はまだ知らないんだけど、とても素晴らしい演奏家だそうで、
今週の金曜日が待ち遠しいな・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土曜日)

ちょっと鼻が高いぞ2

調律のお客様山内貴子さんからも嬉しいメールが届いていたのです!!
・・・来週10月10日に行われる国体閉会式において、兵庫県代表ピアニストとして演奏します。
いつも一緒に活動している多田周子という歌手と2人で、式典の最後、選手をお見送りする形で『赤とんぼ』を演奏します。
作詞の三木露風が故郷龍野を想い作った曲ですから、闘い終えた選手が、これから帰る故郷に思いを馳せていただけるよう、心を込めて演奏します。
インターネット中継・オンデマンドもありますので、お時間ありましたらご覧ください。14:47出演予定です。・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧